水素水の効果的な飲み方は、水素を吸収しやすいタイミングで摂取する事が最も効率的です。自分の都合の良いタイミングで飲むよりも、水素を吸収しやすい時間帯に飲む事によって水素水は抜群に効果を発揮します。例えば食事前や入浴後のような、身体が水分を欲している時に飲むと多くの水素が体内に吸収されます。また、少しずつ飲むよりも決められた量を一気に飲む方がより多くの水素を体内に取り入れる事が出来ます。

しかし、中々水素水を一度に沢山飲めない場合もあると思います。そんな時は料理やティーパックなどを入れて水素水を摂取したくなりますが、決して効率の良い摂取方法ではありません。水素水は熱を加えると中に含まれている水素の数が少なくなってしまいます。そのため、何も手を加えずに常温の状態で飲む事が最も多くの水素を取り入れる事が可能です。また水素水は冷やしても中の水素の数は減らないので、夏の暑い時期には冷やして飲んでも良いです。したがって、水素水の加熱調理は決して実行してはいけません。なので適量の水素水を一気に飲む事が難しい場合は、運動後や起床時など摂取するタイミングを細かく分けると飲みやすいです。

また、パウチ容器タイプの水素水を飲む場合には飲み切れない場合にはしっかりとキャップを閉める事も忘れてはいけません。パウチ容器に入っている水素水は開封してから72時間経ってしまうと水素が減少してしまいます。なので、本来であれば開封したらすぐ飲み切ってしまう方が良いです。しかし、どうしても飲み切れない場合はキャップをしっかり閉めた上で24時間以内に飲み切る事で水素をしっかりと体内に保持する事が出来るようになります。

水素水は飲むタイミングによって摂取出来る水素の数が大幅に変わってきます。なので、沢山汗をかいた後や喉が渇いたタイミングで常温状態の水素水を飲む事が大切です。水素水はとてもデリケートなので、扱いを誤ると中に含まれている水素を逃がしてしまう場合があるため注意書きを読んだ上で正しい飲み方を実践する事が重要です。