夏になると暑くてついつい、甘い飲み物を大量に飲んでしまうので、汗を大量にかいているはずなのに、夏が終わると太っていることが多いです。そんな時に、青汁との出会いがあり、意識的に青汁で水分を補給するようにしたところ、体重の増加を抑えることが出来ました。

最近は青汁にもいろいろな味のものがあり、以前に比べると飲みやすいものが増えてきているので、無理なく続けることが出来ました。粉末を溶かして飲むタイプの青汁などもあり、通販などをりようして大量に購入することが出来るので、切らしてしまうことなく飲み続けることが出来ています。

水で溶かして飲むことが多いですが、味に飽きてきてしまったときには、牛乳を混ぜたりしていろいろな味で楽しんでいます。甘いだけの飲み物を摂取しているときには、夏バテのような疲れてしまう症状を感じることが多かったのですが、青汁を飲む習慣をつけてからは、夏バテをすることもほとんどなくなりました。

粉末タイプの場合には、持ち運びも便利なので、カバンに入れて会社に持っていくことで、ちょっとした合間時間などの飲むことも出来ています。青汁はすぐに飲むことが出来て便利ですが、溶かすのにはすごく苦労をしており、かなりの時間かき混ぜることが必要となります。最近はプラスチック製の軽いシェイカーなどを用意して、混ぜるようにしていますが、シェイカーであれば、すぐに溶かすことが出来て便利です。

青汁のフレーバーもいろいろな種類があるので、いろいろな味を試してみる楽しみもあります。夏の時期にはスタミナが付く肉類を食べることが多く、野菜の摂取が不足してしまいがちですが、青汁を飲むようになってからは、野菜を摂取しなくても、十分の栄養を得ることが出来るようになりました。

青汁は最初は甘い味のものを中心に飲んでいましたが、最近は味にも慣れてきており、苦みがあるタイプがすごくおいしいと感じるようになり、積極的に苦いものを選んでいます。