私の健康の秘訣!飲酒習慣を改善

歳をとっても若々しくいたい、恐ろしい病気になりたくないと常々思っています。それを実現させるためには生活習慣の見直しが一番でしょう。以前から自分なりに、健康のために心がけていることがあります。それは、飲酒です。お酒を飲めば健康になるという話ではなく、飲みすぎないようにセーブすることを心がけています。ごく少量なら健康に良いと言われているお酒ですが、酔っ払ってしまうと少量で済まないケースが多く、つい飲みすぎて二日酔いになったり気分が悪くなったりと散々な目にあってきました。当然ながら、健康に良い状態とは言えません。健康診断の結果にも影響が出ていますので、とにかくお酒の量を減らさなければなりません。以前は毎日のように飲んでいました。1日の終わりに飲むビールや日本酒は格別で、本当においしいです。しかし、ストレス発散をお酒に頼ってばかりでは、段々飲む量が増えてくると何となく気づいていました。そこで最初は1日おきの飲酒習慣に変更してみたんです。本当は週1~2回程度に変えたいんですが、いきなりこのやり方を実践すると絶対にストレスが強すぎて元に戻ってしまうと思ったからです。最初は無理せず1日休めれば良しと決めて、誘惑に負けず飲まなかったときには、自分を褒めてあげました。おかげさまで頑張った甲斐もあり、1日おきの飲酒習慣がすっかり定着し、その後は2日に1回と徐々に間隔を空けられるようになったんです。毎日飲んでいた頃は気づかなかったんですが、お酒の習慣を改善したことにより毎日体と心の調子がかなり良くなった気がします。イライラが減って、落ち着いた気持ちで毎日を過ごせるんです。家族も喜んでくれました。お酒を飲まない私のほうが、会話していて楽しいそうです。酔った勢いで家族に仕事の愚痴を散々言ってきた今までの自分が情けなく思います。もう一つ嬉しかったのが、健康診断の結果が改善されたことです。今後も現在の生活習慣を維持したいと思っています。

おすすめ記事